2019年の夏保養の準備〜啓明学院・おもちゃ王国〜

啓明学院前理事長・尾崎八郎さんが神戸からいらっしゃると聞き、会いに行きました!
プロジェクトの保養がこうして8年目を迎えることができた理由の一つとして、毎年福島のご家族を無償で受け入れてくださる啓明学院さんの力はとても大きいです。本当なら多額の宿泊費がかかってしまうところ、前理事長であった尾崎さんの一声で無償での受け入れが実現しました。
こうして継続して力になって頂けること、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

午後は遠距離移動で玉野のおもちゃ王国へ。こちらも毎年ご招待してくださり感謝!
子どもたちの楽しむ姿が目に浮かび夏が待ち遠しい!
沢山の方の支えがあり、今年も夏保養の開催が決定しました。

61916754_2266621060125395_61919632973365248_n-e1560346797515


2019年の夏保養の準備〜biZen鼓空のメンバーが街頭募金してくれました!〜

和太鼓の乙倉さん、そして鼓空のみなさん!!毎年沢山の募金を集めてくださりありがとうございます!!子どもたちが声をあげ、積極的に募金活動をしてくださったそうです。今年の夏も30名の方が福島はじめ東日本から瀬戸内市へ保養にやってきます。活動資金として大きな力になります!感謝!

以下、biZen鼓空代表の乙倉俊さんの投稿より

昨日の路面電車まつり 内で太鼓を習ってる子供達など5人が来てくれ 演奏の前後に募金活動をしてくれた。これは福島の子供達が今年も夏保養に岡山に来る事になっていてそのお手伝いの為の募金だ。声を枯らしての子供達の呼び掛けに多くの方が募金してくれた。募金してくれた方々そして子供達に感謝である。


瀬戸内市長から、謝罪文が届きました。

先日行われた映画上映会にて、エアコンが作動しないというトラブルが起こりました。上映会中に暑くて気分が悪くなり、途中で席を離れる方々が何人もいらっしゃいました。改めてお詫びいたします。

そしてこの件について会場となった保健福祉センターゆめトピア長船を運営する瀬戸内市の市長より、お詫びのメッセージが届きましたのでここに記載いたします。

冷房設備の不具合について(お詫び)

去る5月26日(日)に瀬戸内市保健福祉センターゆめトピア長船夢いっぱい ホールで開催されました「福島は語る」映画上映会において、施設側の不備により大変ご迷惑をおかけしました。

来場された皆様が大変不快な思いをされ、中には、途中で帰宅された方もいら っしゃったとのことで、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

原因につきましては、冷暖房の切り替え作業を24日(金)に業者により実施しましたが、不備があり冷房への切り替えが完了できておらず、施設側もその確認ができていなかったことによるものです。

今後につきましては、業者に対して指導するとともに、業務完了の確認についても徹底し、皆様に快適にご利用いただける施設を目指して参りますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

令和元年5月30日    瀬戸内市長 武久 顕也


『福島は語る』映画上映会を終えました!

無事に『福島は語る』映画上映会が終了しました。

運動会やマルシェなどのイベントが重なる中、200名余りの方が映画を観に来て下さいました。
エアコンが故障するという大変なハプニングがあり、皆さん汗を流しながらの鑑賞になってしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。
途中暑さの余り帰ってしまう方もいましたが、熱中症で倒れる方が出なくて本当によかったです。

それにしてもこんなに大きなイベントがあるのに事前にエアコンチェックもせず、結果大変な状態になったにもかかわらず謝罪一つない会場側の態度には驚きました。
散々事の重大さを伝え、会場の皆さんに直接謝まってもらいましたが、『施設側は一切悪くない!』という態度を変えなかった課長の傲慢さに呆れました。結局一言も私には謝らなかったし。。。目も合わせなかったし。

素晴らしい映画の内容に皆さん感動して沢山のメッセージを頂きましたが、謝れない大人一人のせいでとても悲しい気持ちになりました。でもとてもいい勉強にもなりました。

皆さん、暑い中長時間お付き合いくださり感謝しています!
ありがとうございました。

スクリーンショット 2019-05-30 22.35.17 copy

スクリーンショット 2019-05-30 22.35.34 copy